さんざん舌を欺かれ続けた挙句、水が一番美味いのだと気付く。