「私」ではなく「私ら」というところに、わずかな希望が感じられる。「私」には破滅しかないが「私ら」には他の可能性がある。