昨日観たカウリスマキはブルーレイ?驚異的な画質の良さだったが、そのせいで映像の物質性が失われてなんだか物足りなく感じたのは皮肉なことだった。やはり多少画質が悪くてもフィルムの物質性が懐かしい。