池袋でアレクセイ・ゲルマンの映画を2本見て、久々に満ち足りた気持ちになった。なんと天使的細部に満ち満ちた傑作であることか。こんな映画に出会えるなら、この胸糞悪い人生、もうちょっと生き延びてやろうか。