モヒカン故郷に帰る、ベタな物語がテンポ悪く語られていく、退屈。柄本明の怪演(とくにラストのはじけっぷり)だけが見所。