黒沢清監督のクリーピー。キュアのような清々しいまでの完全絶望映画の傑作を期待していたのだが、そしてそうなりかけていたのだが、ラストの安易な救済で全部台無しになってしまった。