なんだかんだ理屈を捏ねて逃げても、気が付けばハードコアを聞いている。高校中退の底辺オヤジには、やはりこれしかないのだった。