家族の灯り

ほのぼの家族映画だったらどうしようという不安を見事に打ち砕く反時代的作品だった。冒頭の古典絵画のごときショット、レナート・ベルタのカメラ、素晴らしや。

広告を非表示にする