ただただ苦しいだけの一日だった。救いのカケラもない。「服従して生きている人間は生き埋めにされているようなものだ。死んだ方がましだ。」という、昨日観た映画のセリフが身につまされる。まったく、こんな生になんの値打ちがあるっていうんだ?