無意識のエスが「それ」をやってしまうのだ。エスの「それ」=サボタージュが主体を突然襲い、主体は「それ」を後から享楽し得るのみ。職場の事故から思った事。